家庭だけではなく、仕事場であるオフィスも機能性や快適さが求められるようになってきました。そのため幾つかのメーカーはオフィス家具の開発、改良に力を入れていて、大手として知られるようになっています。例えば、文房具、ノートなど必ず学生の頃などに使用したことのあるメーカーに「コクヨ」があるのではないでしょうか。

コクヨは上記にも記したように、文房具などで多くの人に名前を知られています。ブランド力も高く、海外への事業の展開にも積極的な会社です。商品製作だけに力を入れているのではなく、施工、オフィスの内装、空間の設計のアドバイスなどにも力を入れているようです。また内田洋行は様々な機器の販売と同時に、事務用のデスク、椅子、会議用テーブル、なども制作している会社で、内装工事なども積極的に行っています。

しかし、単体で商品を売るというよりは、オフィス全体の雰囲気をコーディネートするということに力をいれているため、オフィス全体のイメージチェンジをしたいとか、すべてお任せしたいと思っている場合は依頼することができるでしょう。またイトーキというメーカーはオフィス家具やスチール家具を中心として業務を行っています。

特徴としてはユニバーサルデザインとエコデザインを融合させたスタイルをコンセプトとして使いやすさなどを重視したもの、また国際基準の製品設計に力を入れています。このように日本の中にも数多くのオフィス家具の大手があり、上記に列挙したもの以外にも岡村製作所、インターオフィス、プラスなども大きな会社として知られています。

名前だけ知っていたとしても、どのようなコンセプトや企業理念を持っているのか知らない場合がほとんどですが。もしもオフィスの改装や引っ越しなどをきっかけに設備も変えて心機一転したいと思うのであれば、それぞれのメーカーの特徴などを調べて、自分のイメージを実現してくれそうなところに依頼できるでしょう。

Written by