近年、デザイン制が高く機能的なオフィス環境構築のニーズが高まりつつあります。このような環境を作り上げるために、オフィス内のレイアウトや、デスクやチェアなど使用するインテリア類の差別化を図ろうとしている企業も少なくありません。

例えば、シティホテルのラウンジのような落ち着いた雰囲気のロビーや、ラグジュアリー感のあるエントランスなどを演出している企業も数多くあります。このような場所には、やはりその場に適した雰囲気のオフィス家具が並んでいるのが理想的ですよね。

また、社長室や役員室などにも、そういった場所にふさわしいといえるようなエグゼクティブな家具を取り揃えたいという企業もある事でしょう。この様なラグジュアリー感の高い製品は、ごく一般的なメーカーでも取り扱いがあります。しかし、こだわりを持って海外ブランドの製品を使いたいというニーズも多く、人気の高いブランドも多数存在します。

このような製品は国内外共に、やはり見た目にも品よく、その違いは歴然です。一方、ラグジュアリー感よりもデザイン性や機能性を重視して作られているような、高級オフィス家具もあります。スタイリッシュなフォルムのチェアや、アーティスティックなデザインのソファなどを取り扱うようなブランドの中にも、やはり高価なものがたくさんあるのです。

価格帯はそれぞれさまざまですが、高級チェアと呼ばれている製品などでは、1脚でも10万円以上するものも決して珍しくありません。このようなチェアなどは、デザインはもちろん、疲れにくい構造や角度、背面の素材や柔軟性などさまざまな面で機能的な物も多く、非常に人気があります。

もちろん、このようなチェアをオフィスで利用しているというだけでもステータスになると考えている企業もあり、積極的に取り入れているところもあるようです。このように、高級オフィス家具などは、ラグジュアリー感を追求した製品だけでなく、デザイン面や機能面においても価値のあるものなどさまざまです。

圧倒的な人気のあるブランドの製品には、それ相応の人気の理由があるという事ですね。

Written by